便利な事業所内保育

優秀な女性を確保するには事業所内保育が必要不可欠です。

子供を出産したり子育てをすると言う理由で優秀な女性社員が辞めてしまうのは、会社にとって非常に大きな痛手です。彼女たちが安心して会社で働くことができるためには事業所内保育がこれからは必要不可欠です。 事業所内保育を考えている企業にとって工夫すべき事は、自分だけの会社で事業所内保育をするのは非常に負担が大きい場合もありますので、近くの同じような規模の会社と連合を組んで事業所内保育を設置することです。 この話し合いや取り決めをすることで事業所内保育の規模を大きくすることもできますし、また費用も少なくすることができます。ぜひ近くの同じような企業と話し合ってみてはどうでしょうか。特に同じビル内に入っている企業であれば非常に連携が取りやすいので工夫1つで事業所内保育の実現が可能になるのです。

現在行われつつある取り組みについてご紹介します。

現在、事業所内保育で多く取り組まれている事は、その配偶者が働いている企業であれば、夫側の企業であっても子供を事業所内保育に預けられるというシステムです。 多くの企業が事業所内保育の設置に取り組んでいるのですが、費用がかかることや、場所などの問題からなかなか設置することができないという点があります。これらの企業が連合連携して事業所内保育を設置しているのが現在のトレンドです。 そのことで連休に入っている企業であればどのような場所でも子供預けられるというのが現在非常に注目されているトレンドでもあるのです。 この取り組みは、行政なども関わってきて以上に推進されています。すでに大学レベルでは大学職員だけでなく近隣の住民の子供預かるという保育を始めているところもあります。